人権と労働に関する基本方針

星光社印刷株式会社は、事業活動のあらゆる場面において基本的人権を尊重し、多様な人材の個性と能力を活かして、持続可能な社会の発展に貢献します。

1.基本的人権の尊重

当社は、個人の基本的人権を尊重するとともに、性別、年齢、国籍、人種、信条、宗教、民族、性的志向、性自認、疾病、障がいの有無などに関する差別的な取り扱いは行いません。

2.強制労働の禁止

当社は、全ての従業員に対し、精神又は身体の自由を不当に拘束する手段による非人道的な労働の強制を禁止します。

3.児童労働の禁止

当社は、法令に定められた就労年齢に達していない児童の就労を禁止します。

4.雇用及び職業による差別の撤廃

当社は、雇用及び職業による差別を撤廃し、機会均等と処遇における公正を実現します。

5.結社の自由と団体交渉権の尊重

当社は、法令に則した結社の自由と団体交渉権を尊重し、健全な労使関係を構築します。

6.ハラスメント行為の禁止

当社は、人権を侵害する言動やセクシュアルハラスメント、パワーハラスメントなどのハラスメント行為を禁止します。

7.相談窓口の設置

当社は、社内に人権と労働に関する相談窓口を設置し、従業員が自由に相談や通報をできる体制を構築しています。

制定日 令和3年12月24日
星光社印刷株式会社
代表取締役社長 藤ヶ谷 衛